CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 大分女性塾 | main | ようやく寒く・・・ >>
久々の運転
私の趣味の一つがドライブです。
以前は一人で運転をし好きなところに出かけ疲れを癒していました。しかし、この6年間、事故があったら大変と一切運転をさせてもらえませんでした。でも、もう二ヶ月経ったので10月からおそるおそる運転をはじめました。緊張の連続です。
21歳で免許を取ったので運転歴30年以上ベテランのはずです。しかし、6年間ストップに近い状況は感覚を麻痺させていました。これは毎日練習するしかないと思い、殆んど欠かさずハンドルを握ってみました。するとどうでしょう、細胞が蘇ってくるのが分かるのです。目の動かし方、体の使い方、カーブのきり方、とっさの動き、車の癖、面白いほど忘れていた感覚が目覚めてきました。使わないと細胞がどんどん退化してしまうのですね。身をもってわかりました。気づいてよかったです。

以前読んだ本を思い出しました。人間の細胞は60兆もあるそうです。でも、一生のうち使われるのはわずか三分の一らしいです。細胞を活発にするには(若さを保つためには)自分の可能性を自分でとめてしまわないことだと書いていました。
私には出来ない、私のような者に出来るわけがない、私はそんな人間ではない、もう私はこれでいい、どうせ私はこのくらいの人間でしかない・・・等々。
誰も何も言わないのに自虐的になってやめてしまう。思い当たる事ありませんか?
私もくよくよ考えてばかりでした。
誰にでも可能性がある、夢を実現できるのに「諦め」だけで可能性も夢も希望もつぶし、棺おけに持っていってるのです。もったいないことですね。

秋空の下、久しぶりにきもちよく運転したせいか元気が出てきました。「まだまだ使っていない細胞を生かすぞー!!」と思わず叫びました。(もちろん車中は一人ですよ。。)

人体は不思議です。神秘的です。一生懸命休むことなく働いてくれている自分の体を愛しく思い、精一杯生きなきゃ申し訳ないとつくづく感じました。そして、たいせつなことは、「自分を信じること!」ではないでしょうか。
人生は実験だ。失敗してもまた実験をすればいい。何度でも再挑戦できる。だから面白い、愉快だ。仲間たちと言い合っています。

みなさん、どうぞ安全運転で!
                              ひろこ
| - | 20:38 | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
運転している博子さんにお目にかかりたいです。

今度、遺伝子の権威である村上和雄先生を呼んで講演会をします。
村上先生はその細胞つまりは遺伝子がオンになれば
その才能が開花するというお話をしてくださいます。

その話を小学生や高校生、その親御さんに聞いてもらいます。おもしろいと思います。
| waiwaimama | 2007/10/16 8:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hi5103.jugem.jp/trackback/48
トラックバック