CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 映画とボサノヴァで触れるブラジル | main | 元気です! >>
ドキュメンタリー映画「ブラジルから来たおじいちゃん」
 みなさん、こんにちは! 先日のブログの続きです。

6月26日に開催する「映画とボサノヴァで触れるブラジル」ですが、映画の題名は「ブラジルから来たおじいちゃん」です。内容をかいつまんでご紹介します。

1908年、移民船「笠戸丸」に多くの日本人が夢と希望を胸に、2ヶ月以上をかけた過酷な船旅でブラジルはサントス港に着きました。
そして2008年、ブラジル移民は100周年をむかえましたが、781名で乗り込んだ移民者は今や150万人に膨れ上がっています。
100年という長い年月は第二次世界大戦など、壮絶な歴史も残してしまいました。この間、移民した日本人はアメリカと日本の挾間で計り知れない苦悩を強いられました。

日本政府が移民を進めたのは、日本経済のいき詰まりにありました。苦しさから逃れるために単純な出稼ぎのつもりで海を渡った日本人。この映画の主人公、紺野慶堅一さんもそのうちの一人です。単に出稼ぎのはずがブラジルに定住するはめになり、73年間を費やしました。

高齢になった紺野さんは自分のことのように残された人生をブラジル人(日本人)に尽くしたのです。
移民した者は、日本人なのか、ブラジル人なのか、その子孫たちは・・・。
その答えはグローバルに生きてきた紺野さんの最後の言葉に刻まれていました。

 ********************************

私は戦後移住者です。紺野さんのような先輩のお陰で私たちはブラジル社会に温かく迎えられ、友好の輪の中で、ごく自然に生活することが出来ました。

凛として生きてきた紺野さんの生涯は、私たちに贈られた大切なメッセージのようです・・・。

あなたは何を感じますか?

6月26日、是非、見てくださいね!お待ちしています!
                                      ひろこ
| - | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hi5103.jugem.jp/trackback/170
トラックバック