CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 当然の結果?! | main | 解散! >>
父の思い出
 みなさん、こんにちは! 大分はまだ梅雨明けしていませんね。 今日も暑かったです。。。。。

本日16日は父の月命日。生きていたら8月9日で93歳です。亡くなって15年経ちますが、今でも、悩んだり迷ったりすると父に聞いてもらい、返ってこない返事をじっと待っていたりします。

私の単行本「右脳人間後藤ひろこの挑戦」の一ページに、父が言ってたことを書いています。

    「人種とか身分とかで人を差別するなんか、 ちゃんちゃらおかしい。
     おてんとうさんから見たら、みんな小せぇ人間だよ。」 というのが、父の教えでした。
    「おてんとうさんに恥じることはするな!」  父ちゃんはいつも恐い顔で言いました。
    けれど、他人に泣きつかれると、お金を貸して、あとでとってもこまったりする、
    お人よしでもありました。  

これだけ、科学が発達してくると、「おてんとうさん」なんて、今の親は言わないでしょうし、ましてや、「おてんとうさんに恥じることはするな。」  というような「躾け」もしなくなりましたね。

私たちの子どもの頃は、こんな大人がいっぱいいました。隣近所のかみなり親父から、どやされたもんです。

そんな時代に私がいたら、 近所の悪がきどもから 「くそばばぁ!、あっかんべぇ〜!」 と言われていたでしょう。。。

今の私は、
「こらぁ!おてんとうさんい恥じることはするなっ!!」 と、言いたい奴らが山ほどいます!

                                          ひろこ

| - | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hi5103.jugem.jp/trackback/141
トラックバック